タイヤ

【ラジアルタイヤ】と【バイアスタイヤ】とは?

タイヤの構造は大きく分けて2種類です。それが【ラジアル構造】と【バイアス構造】のタイヤです。
【ラジアルタイヤ】は現在、乗用車タイヤのほとんとで採用しています。
また、トラック・バス用タイヤもラジアル構造が主流です。
【バイアスタイヤ】は、30年ほど前まではタイヤの多くがこの構造でした。
現在、主流ではないのですが、産業車両や農業機械などはまだ根強くつかわれています。
タイヤは道路事情の変化や自動車およびタイヤ製造の技術の進歩発展と相まって、【バイアスタイヤ】→【ラジアルタイヤ】へと進化してきたのです

乗用車用のタイヤのほとんどがラジアルタイヤなのはなぜなの?

【ラジアルタイヤ】の大きな特徴は、ベルトで補強したトレッドのは剛性の高さとサイド部のしなやかさにあります。これによりラジアルタイヤのメリットが生まれます。
§§…ラジアルタイヤのメリット…§§
①耐摩擦性がよい
②発熱性が少ない
③コーナーリングやブレーキ土岐の操縦安定性がよい
④転がり抵抗が小さく、燃費が節約できる
⑤高速耐久性に優れている

 【ランフラットタイヤ】ってなに?パンクしないタイヤなの?

ランフラットタイヤ・システムとは、タイヤの空気圧が失われても所定のスピードで一定の距離を安全に走行できるタイヤシステムのことです。
ブリヂストンは、1970年代から安全の追求として研究し、「タイヤ革命」と評されたランフラットタイヤシステムの技術はその後も更なる進化を続けています。

トレッドパタンって何?何か効果あるの?!

トレッドとはタイヤが道路と設置する面にある部分の切り込み模様のような溝のことです!タイヤの駆動力や制動力を増加させたり、操縦安定性や排出・放熱性の向上させ、よりよい製品開発のためブリヂストンは頑張っています!

摩耗しないタイヤってないの?

車が曲がったり、走ったり止まったりする時、タイヤと路面との間にま摩擦力が生じます。この摩擦によって剛は少しすつ破壊され摩耗してしまいます。もしもほとんど摩耗しないような素材でつくられていりたら、乗り心地が悪くなって、とても車を使用するに耐えないでしょう。
しかし摩耗をなくすことは不可能でも、日々のタイヤの空気点検や無理なコーナーリングをしないブレーキをかける直前の速度に気をつけるなど、摩耗にたいする工夫はできます。。

☆ タイヤの摩耗の主な原因 ☆

荷重 荷重が大きくなるほど、タイヤのたわみが増して摩耗が促進。                
速度 高速走行になるほど、トレッドの動きが大きくなり、発熱も加わって摩耗が促進。                
空気圧 指定空気圧を下回ると、トレッドの動きが大きくなって摩耗が促進。                
コーナーリング 路面との摩擦から生じるコーナーリングフォースによって摩耗が促進。                
ブレーキ 高速時のブレーキはタイヤと路面との間の滑りを大きくし、摩擦を促進。                
                   
                   
                   
                   
                   
ページの先頭に戻る